座席間隔確保、健康観察…県教委が入試のコロナ感染対策指針

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 本格的な入試シーズンを前に、秋田県教育委員会は県立校入試に関する新型コロナウイルス感染症対策をまとめたガイドラインを策定した。試験会場での感染防止策に加え、受験予定者に感染者が出た場合の追試手順を示している。

 文部科学省の大学入試ガイドラインを参考に、県教委が独自に策定した。事前の準備、試験当日、試験後の3段階に分け、受験生と学校が取るべき対策をまとめた。本年度実施される全ての県立中学・高校入試に適用される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 586 文字 / 残り 379 文字)

秋田の最新ニュース