地上イージス計画停止「正しかった」 防衛相

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
衆院安全保障委員会で答弁する岸防衛相
衆院安全保障委員会で答弁する岸防衛相

 岸信夫防衛相は13日の衆院安全保障委員会で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、配備計画を停止した河野太郎前防衛相の判断は正しかったとの認識を示した。立憲民主党の重徳和彦氏の質問に答えた。

 計画停止の理由となった迎撃ミサイルの推進装置「ブースター」について、岸氏は「改修に要するコストや期間を考えれば合理的でなく、何より地元に説明していたことと違ってしまった。そういう状況の中で、河野大臣の判断は正しいものであったと考える」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 399 文字 / 残り 173 文字)

秋田の最新ニュース