鍋物にいかが? 白神ねぎの出荷が最盛期 能代市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋冬ネギの最盛期を迎え、出荷作業に当たる女性たち
秋冬ネギの最盛期を迎え、出荷作業に当たる女性たち

 秋田県能代市特産のネギの出荷が最盛期を迎えている。今の時期の主力は、鍋物用などで需要が伸びる秋冬ネギ。地元農家らは13日も、朝から収穫や箱詰めなどの作業に追われた。 

 四つの農業法人が計約22ヘクタールで栽培する同市轟の園芸メガ団地では、畑から掘り起こしたばかりのネギを軽トラックで次々と団地内の調製施設に運んだ。機械で一本一本、外皮をむいて長さを整えると、ネギは真っ白に。数本ごとに束ねて箱詰めした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 330 文字 / 残り 128 文字)

秋田の最新ニュース