「秋系821」名称発表イベント 紙メディアも取材可能に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋系821の名称発表イベント開催について知らせる県のプレスリリース
秋系821の名称発表イベント開催について知らせる県のプレスリリース

 秋田県は14日、都内で17日に開く新品種米「秋系821」の名称発表イベントについて、取材をテレビ局に限定する方針を撤回し、県政記者会の新聞・通信社にも認めると発表した。テレビ局に限定するのは、イベントの運営を請け負った業者の意向としていたが、業者と調整した結果、新聞・通信社の取材も可能になったと説明。県秋田米ブランド推進室は「取材対応について、度重なる変更があったことをおわびしたい」と陳謝した。

 県農林水産部によると、業者から14日、「運営スタッフの人数を減らしてイベントを開催できるめどが立った」と連絡があった。入場者数を抑えつつ、取材を新聞・通信社にも認めることを決定。入場はテレビ局が各社3人前後、新聞・通信社は各社1人とする。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 769 文字 / 残り 449 文字)

秋田の最新ニュース