コロナ「悪夢のような日々」 梨田昌孝さん体験語る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リモートで出演した梨田さん
リモートで出演した梨田さん

 秋田大学医療フォーラム「がんとコロナと感染症―コロナ禍の時代にがんから身を守る」が14日、秋田市中通の秋田ビューホテルで開かれた。新型コロナウイルス感染を経験したプロ野球解説者の梨田昌孝さんが大阪からリモートでゲスト出演し、自身の体験やがん検診の重要性を語った。

 梨田さんは今年3月下旬に体のだるさを感じ、その後発熱や味覚、嗅覚障害が生じ、コロナ感染が判明した。入院生活を「悪夢ばかり見ていたような感じ。つらい日々だった」と振り返った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 659 文字 / 残り 440 文字)

秋田の最新ニュース