移住定住へアパート整備へ、井川町 若年層向け、来月完成

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
井川町が整備する定住化促進住宅の完成予想図
井川町が整備する定住化促進住宅の完成予想図

 秋田県井川町は、若い世代の町内への移住・定住を目的としたアパート型の賃貸住宅を民間事業者と連携して整備する。定住化促進住宅「ジュネスドミール」の名称で、浜井川字家ノ東地区に2棟(計8戸)が来月下旬完成する見通し。入居開始は来年1月上旬の予定で、町は入居者を募集している。

 建設地はJR井川さくら駅から直線距離で南東約500メートルの町有地。1棟に1LDKと2LDKを2戸ずつ設け、2棟とも熱源はオール電化。

 家賃は1LDKが月4万8千円、2LDKが6万円。未就学児の子ども1人につき5千円、小中学生1人につき3千円をそれぞれ減額する。最低月額は4万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 542 文字 / 残り 265 文字)

秋田の最新ニュース