深夜、一気に橋を架け替え 大仙・斉内川【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
夜間に行われた橋の架け替え工事
夜間に行われた橋の架け替え工事

 秋田県大仙市長野の斉内川に架かるJR田沢湖線の橋の架け替え工事が、14日深夜から15日未明にかけて行われた。川の拡幅に伴うもので、作業員ら約320人が、古い橋の撤去など大掛かりな作業に当たった。

 掛け替え工事は、列車の運休などの影響を最小限にするため深夜に行われた。長さ約54メートルの古い橋桁を四つに分け、重機で慎重につり上げるなどして撤去した。

 新たな橋桁は長さ約71メートル、重さ約1500トン。両端にワイヤを取り付け、油圧式ジャッキで約10メートル下流にある古い橋脚の真上に移動。両岸に埋められた橋台に固定した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 545 文字 / 残り 284 文字)

秋田の最新ニュース