名称、最終候補以外は? 県「応募者の信頼損なう」と非公開

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の新品種米の名称が「サキホコレ」に決まった。全国から寄せられた25万件超の名称案のうち、具体名を明らかにしているのはサキホコレを含め最終候補に残った6案だけ。1次選考を通過した約20案は公表していない。

 名称案は県が4~5月に公募した。応募数5万件を目標としていたが、最優秀賞に賞金100万円を贈るという戦略が功を奏し、コメの名称応募件数としては全国最多の25万893件が集まった。内訳は県内が3割、県外が7割だった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2544 文字 / 残り 2331 文字)

秋田の最新ニュース