「八峰町・能代市沖」の法定協開始、調査手法、地域貢献策に要望も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今後の協議内容について意見を交わした八峰町・能代市沖の法定協初会合
今後の協議内容について意見を交わした八峰町・能代市沖の法定協初会合

 国が洋上風力発電施設を優先的に整備する促進区域の前段階である有望区域となっている「八峰町・能代市沖」について、関係者らが意見を交わす法定協議会の初会合が17日、能代市柳町のプラザ都で開かれた。地元自治体や漁業関係者が漁業への影響や経済波及効果、地域貢献策などを検討するよう求めたのに対し、国は地域の実情に応じて具体策を協議していくとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 896 文字 / 残り 726 文字)

秋田の最新ニュース