三種ゴスペル、久々の合同練習 弾ける笑顔、ハーモニー響く

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県三種町を拠点に活動するゴスペルグループ「三種ゴスペル」は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2月以降見合わせていた合同練習を同町鵜川の八竜農村環境改善センターで開いた。町内外から集まったメンバーが久々の再会を喜び合い、一緒にハーモニーを楽しんだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 635 文字 / 残り 504 文字)

秋田の最新ニュース