三セク岩城、新社長が就任 逆境下の船出も利用者増に意欲

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市で道の駅岩城などを運営する市の第三セクター・株式会社岩城の新社長に、秋田市の元銀行員・加納広明さん(61)が就任した。近年の経営難に、新型コロナウイルスの影響による売り上げ減少が重なる逆境下の船出だが、「立地が良く、地域の観光拠点になり得る。さまざまなイベントを打ち出して利用者を増やしたい」と前向きに話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 760 文字 / 残り 597 文字)

秋田の最新ニュース