横手の観光かまくら中止 新型コロナ、入場者の管理困難で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年、横手市で開かれた小正月行事「かまくら」=横手公園
今年、横手市で開かれた小正月行事「かまくら」=横手公園

 来年2月15、16日に行われる秋田県横手市の小正月行事「かまくら」について、市観光協会(打川敦会長)は18日、観光客向けの行事を中止することを決めた。観光客向けのかまくらを作らず、誘客も行わない。新型コロナウイルスの感染が広がる中、観光客の安全が確保できないと判断した。

 協会は例年、市役所前、横手公園、羽黒町、二葉町の4会場に観光客向けとして約40基を制作している。

 当初は制作数を減らして開催することを検討していたが、この日、市内で開かれた雪まつり委員会では、全国的に感染者が増加傾向にあることや、入場者の管理が困難なことから、すべて制作しないことを決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 472 文字 / 残り 190 文字)

秋田の最新ニュース