地方点描:広い歩道[能代支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 地元の人たちにとっては当たり前かもしれないが、よそから来た当方の目には、能代市中心部の道路が異様に広く映る。万町(あらまち)とJR能代駅前を結ぶ約1キロの畠町通りは、道幅が約30メートル、歩道も約7メートルある。

 能代は昭和期の2度の大火(1949、56年)で、住家や中心部の官公庁、商店街などが焼失。復興時の都市計画で幹線道路を拡幅し、防火帯を整備した。第1次大火からは既に70年余り。こうした経緯を知るにつけ、「道に歴史あり」と、通りを眺める目も変わってくる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 411 文字)

秋田の最新ニュース