医療現場に協力金や慰労金支給へ 県補正予算案

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は19日、新型コロナウイルス感染症対策費などを盛り込んだ総額19億4534万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。コロナとインフルエンザの同時流行に備え、診療・検査を担う医療機関へ50万円か25万円の協力金を独自に支給する経費を計上。医療機関や福祉施設で働く人に対する5~20万円の慰労金の追加経費も盛り込んだ。予算案は今月26日に始まる12月県議会に提出する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 863 文字 / 残り 674 文字)

秋田の最新ニュース