成瀬ダム・巨大工事の現場(3)外国人労働者 土木施工支える「人財」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
重機を操縦するワジラさん
重機を操縦するワジラさん

 成瀬ダムの工事現場で活躍しているのは、日本人だけではない。スリランカ出身のチャンダナ・ワジラさん(40)はダム本体の基礎掘削作業に従事。バックホーを操り、土台となる岩盤の表層を丁寧に削っていた。

 ワジラさんは冨島建設(大阪市)の技能実習生として、3年前に来日した。同社は、成瀬ダムの堤体打設工事を施工する共同企業体の中心企業・鹿島建設(東京)の協力会社に当たる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 989 文字 / 残り 807 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース