さきがけ政経懇話会:菅義偉首相への期待と課題

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
松浦基明さん
松浦基明さん

 秋田さきがけ政経懇話会11月例会が19日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれ、共同通信社編集局次長の松浦基明さん(54)が「菅義偉首相への期待と課題」と題して講演した。菅政権誕生の背景を解説した上で、衆院解散、総選挙の時期について「東京五輪終了後の来秋が本命」との見方を示した。18日には、湯沢市の湯沢グランドホテルで開かれた秋田さきがけ県南政経懇話会で講演した。

 「ほとんどの政治記者は、数年前まで菅氏が首相になることは想像していなかった」と語り、首相就任の背景には新型コロナウイルスの感染拡大があると分析。「長年にわたって官房長官を務め、官邸の危機管理を担った政治手腕が評価されたのではないか」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1138 文字 / 残り 834 文字)

秋田魁新報電子号外

秋田の最新ニュース