来年度の修学旅行、各校の判断で 秋田市教委、基準示さず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来年度の修学旅行について審議が行われた市教委定例会
来年度の修学旅行について審議が行われた市教委定例会

 秋田市教育委員会は19日、市立学校の修学旅行について来年度は中止や延期の判断基準を示さない方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染防止策を講じれば、県内外を問わず宿泊を伴う旅行は可能と判断した。各校に「旅行先の感染が散発的で、感染経路が限定的であること」など留意事項は伝える。同日の市教委11月定例会で原案を示し、委員に承認された。

 市は本年度、コロナ流行を受けて▽旅行開始日の2カ月前、旅行先の都道府県で直近2週間に感染者が確認された場合▽旅行開始日までに旅行先の都道府県で感染者が確認された場合―などを中止や延期の判断基準とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 786 文字 / 残り 516 文字)

秋田の最新ニュース