新品種の酒米、そのお味は… 秋田市2店舗で飲み比べフェア

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県が開発した酒米の新品種「一穂積(いちほづみ)」と「百田(ひゃくでん)」を使用した日本酒を飲み比べできる「一穂積・百田フェア」が20日、秋田市内の2店舗で始まった。県と県酒造協同組合の主催。用意した日本酒がなくなり次第終了となる。

一穂積や百田を使った日本酒が並ぶ「あきたくらす」

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 594 文字 / 残り 476 文字)