遠い風近い風[井川直子]本当のおにぎり

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 子どもの頃、私のおにぎりはお習字の半紙にくるまれていた。遠足などでパティ&ジミーのキャラクターがついた包みを開くと、お弁当箱の上にぽこっと二つ、丸いものを四角く包んだ無骨なそれがのっている。

 ある日クラスメイトが覗(のぞ)き込んで、「何それ?」と訊(たず)ねてきた。おにぎりだと答えるとびっくりして、中身の見える透明なフィルムにくるまれた三角形のおにぎりを見せて言う。

「これが、おにぎりだよ」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1282 文字 / 残り 1085 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース