TDK復活への道(中)経験伝え投手陣底上げ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
投手にアドバイスする阿部コーチ(左)。豊富な経験が基になっている=にかほ市のTDK野球部練習場
投手にアドバイスする阿部コーチ(左)。豊富な経験が基になっている=にかほ市のTDK野球部練習場

 都市対抗野球大会2次予選東北大会でTDK(にかほ市)の優勝に大きく貢献したのが、エース小木田敦也(22)=角館高出=とルーキー鈴木大貴(23)=流通経大出=の両右腕だ。小木田は初戦の七十七銀行(仙台市)戦で2失点完投、JR東日本東北(同)との決勝は延長十二回を完封。鈴木は準決勝の日本製紙石巻(宮城県石巻市)戦で先発して八回途中まで無失点9三振と、いずれも重責を果たした。

 「彼がいろいろな経験を伝えてくれるのが大きい」と、佐藤康典監督(50)が投手陣の好調の要因に挙げるのが、昨年9月に就任した阿部正大投手コーチ(38)の存在。佐藤監督が2009年まで指揮を執っていたTDK千曲川(長野県佐久市)の主力投手で、同年TDKとの統合に伴い2人とも移籍した。阿部コーチはエースとして投手陣を引っ張り、15年には社会人の日本代表に選ばれた。16年9月に現役を退き野球部からは離れていたが、昨年、佐藤監督が呼び寄せた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1100 文字 / 残り 694 文字)

連載企画:TDK復活への道 7年ぶり都市対抗野球

同じジャンルのニュース