わらび座俳優「『楽しい』を仕事に」 大仙市の母校で講演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演の中で歌を披露する鈴木さん
講演の中で歌を披露する鈴木さん

 劇団わらび座(秋田県仙北市)に所属する大仙市太田町出身の俳優鈴木裕樹さん(38)が、母校である同市の太田中学校で講演し、自身の経験や地域への感謝の思いを語った。同校の生徒や地域住民ら約200人が聞いた。太田地域自治組織連絡協議会の主催。

 鈴木さんは大学時代に「自分が『楽しい』と思えることなら継続して仕事にできるのではないか」と考え、俳優を志望したと説明。「初めは歌も踊りも難しく、できないことばかりだったが、課題に向き合う日々は充実していた」と振り返った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 556 文字 / 残り 326 文字)

秋田の最新ニュース