ハタハタ直売に長い列 オガーレで23日まで魚神祭

会員向け記事
お気に入りに登録

 男鹿産海産物などの地場産品を販売する「魚神祭」が21日、男鹿市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)で始まった。22日と23日は男鹿海洋高校の生徒が加工したサバ缶を販売する。22日のみ金足農業高校の生徒が栽培したあきたこまち「金農米」の販売も行う。

人気を集めた沖合ハタハタの直売


 開催時間は両日とも午前9時~午後3時。問い合わせは道の駅おがTEL0185・47・7515

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 476 文字 / 残り 305 文字)

秋田の最新ニュース