地域おこし協力隊から転身 県内の日常切取る、湯沢で写真展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧米倉庫を会場に写真展を開いた三輪さん
旧米倉庫を会場に写真展を開いた三輪さん

 秋田県湯沢市在住のフリーカメラマン三輪卓護さん(27)の写真展「写真のさき」が21日、同市岩崎のJAこまち旧米倉庫で始まった。地域おこし協力隊員として秋田で2年を過ごし、カメラマンに転身した三輪さんにとって、今年春から暮らし始めた湯沢では初の写真展。25日まで。

 三輪さんは埼玉県出身。2017、18年の2年間、地域おこし協力隊として五城目町に滞在した後、カメラマンに転身。岩崎地域で行われたイベントへの参加をきっかけに今年4月、拠点を湯沢市に移した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 512 文字 / 残り 285 文字)

秋田の最新ニュース