秋田港の風車タワー設置は22年に 洋上風力、事業者が説明会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田港での事業について工事日程などが示された説明会=秋田市の北部市民サービスセンター
秋田港での事業について工事日程などが示された説明会=秋田市の北部市民サービスセンター

 秋田洋上風力発電は秋田港の港湾区域内の洋上風力発電事業について、秋田市の北部市民サービスセンターで説明会を開き、基礎部分の工事を来年3月から始めると説明した。風車のタワーや羽根の取り付けは2022年4~6月に実施するとの計画を示した。

 説明会には市民ら15人が参加。同社は具体的な洋上での工事日程について説明し、来年6~7月には、風車を支える基礎杭のモノパイルを海底に打ち込み、基礎部分とタワーを接続する「トランジションピース」を取り付けると説明。作業は自己昇降式作業台船(SEP船)を使い24時間体制で行うとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 529 文字 / 残り 270 文字)

秋田の最新ニュース