J2の舞台で新たな夢を! ブラウブリッツ、J3優勝を報告

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝報告セレモニーを終え、サポーターの前で記念撮影に応じるブラウブリッツ秋田の選手ら=ソユースタジアム
優勝報告セレモニーを終え、サポーターの前で記念撮影に応じるブラウブリッツ秋田の選手ら=ソユースタジアム

 サッカー明治安田J3で3年ぶり2度目の優勝を果たし、J2昇格を決めたブラウブリッツ秋田(BB秋田)が22日、秋田市のソユースタジアムで行われた富山との試合後、優勝報告セレモニーを行った。選手がサポーター、ファンの前でシャーレ(優勝皿)を掲げ、喜びを分かち合った。

 岩瀬浩介社長がチームの歴史を振り返りながら「我々だけでは成し遂げられなかった。秋田が一体となってつかんだJ2の舞台で新たな夢を成し遂げるべく、皆さんと挑戦したい」と述べた。

 会場には18日に大阪府吹田市で行われたG大阪U―23(23歳以下)戦で秋田の優勝が決まった際に実施したセレモニーのセットを用意。2010年のBB秋田1年目から在籍する前山恭平選手(32)と山田尚幸主将(32)を囲むように選手、チームスタッフ全員が並んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 553 文字 / 残り 206 文字)

同じジャンルのニュース