不思議な「小島」あちこち移動? 大浦沼の正体は巨大植物群

会員向け記事
お気に入りに登録

 沼の景色が日によって違う―。住民のそんな疑問をきっかけに、秋田県大仙市内の沼を地元の建設コンサルが調べた。明らかになったのは、あちらからこちらへと場所を変える、不思議な小島の存在だった。

大仙市の神岡地域にある大浦沼


 大仙市神岡地域の平野部、JR神宮寺駅の北西約1キロにある大浦沼。雄物川と玉川の合流部の下流にある。緩やかなS字形をしており、地元ではかつての川の流れが取り残されてできた河跡湖といわれている。周囲の田んぼから水が流れ込み、貴重な野鳥が飛来するほか、釣りのスポットとしても知られている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1049 文字 / 残り 813 文字)

秋田の最新ニュース