時代を語る・加藤正人(18)一流の役作りに感服

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「三たびの海峡」のパンフレット
「三たびの海峡」のパンフレット

 平成7(1995)年に戦後50年記念で「三たびの海峡」という映画が作られました。帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの原作、脚本は私です。

 戦時中に強制連行された朝鮮人が戦争で夫を失った日本人女性と恋に落ち、戦後に朝鮮半島へ渡る。子も授かったが、妻子は日本に戻って夫と生き別れに。50年たってから父子が再会を遂げるという話です。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 781 文字 / 残り 618 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース