社員の応援、文字で選手に届け! TDK25日初戦、PVも

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県にかほ市を本拠地とするTDK野球部が都市対抗野球大会(東京ドーム)で25日に初戦を迎える。新型コロナウイルス流行下の今回は、前回出場の2013年にあった社員や地域住民向けの観戦バスツアーは実施しない。社員からは応援の言葉を文字にして、選手を後押しする動きがある。

 13年の観戦バスツアーでは社員約400人、地域住民約140人が東京ドームへ向かった。今年は企画を見送ったが、TDK秋田総務部が秋田・庄内地区の14工場から野球部への応援コメントを集めた。野球部員が勤務する、にかほ、由利本荘両市の工場を中心に、社員約200人から応援が寄せられた。

 コメントには「ドームには行けませんが精いっぱい応援します」「秋田から魂の声援を送り続けます」といった言葉が並ぶ。寄せられた応援はリスト化し、試合前の選手に渡す予定になっている。

 無観客試合だった東北予選では、選手の職場の社員が資金を出し合い制作した旗がスタンドに立った。「五城目史上最高のストレート」「オレが返す!! お好み焼き打法!!」といった個性的なキャッチコピーが並んだ。本戦の東京ドームでは規則上、飾ることはできないが、無観客の会場でスタンドを彩り、選手を元気づけた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 901 文字 / 残り 387 文字)

同じジャンルのニュース