BB秋田・頂の向こうへ(5)戦術徹底 堅守速攻貫き、磨く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八戸戦でシュートをはじくGK田中(奥)。好セーブで何度もチームを救った=10月31日、秋田市
八戸戦でシュートをはじくGK田中(奥)。好セーブで何度もチームを救った=10月31日、秋田市

 開幕ダッシュに成功したブラウブリッツ秋田へのマークは厳しさを増した。秋田の持ち前の縦に速い攻撃を警戒し、引いて守備を固める相手が出てきた。8月の第10節、敵地での讃岐戦に引き分けて開幕からの連勝が9で止まって以降、ゴールを奪えず引き分ける試合も見られるようになった。

 前回優勝した2017年は、開幕15戦無敗で好スタートを切ったが、シーズン後半は他チームの対策に苦しみ失速。DF山田尚幸主将は「チームで(プレーに)迷いが生じてしまった」と当時を振り返り、「どんな結果になってもぶれないことが大事」と反省を生かした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 911 文字 / 残り 653 文字)

同じジャンルのニュース