新型コロナ、県内初の死者 基礎疾患ある65歳以上の高齢者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は24日、県内の感染症指定医療機関に入院していた新型コロナウイルス感染者1人が死亡したと発表した。死亡報告があったのは21日。本県で新型コロナウイルス感染者が死亡するのは初めて。

 県によると、死亡したのは基礎疾患のある65歳以上の高齢者で、詳しい居住地や年齢、性別は明らかにしていない。

同じジャンルのニュース