ひとり親家庭に再び給付金を提言 自民党の女性特別委

お気に入りに登録

 自民党の女性活躍推進特別委員会(森雅子委員長)は24日、新型コロナウイルス感染拡大により、ひとり親家庭の生活が打撃を受けているとして、臨時特別給付金を再び支給するよう政府に求める提言をまとめた。近く提出する。

 提言は「収入減により食費を削らざるを得ないシングルマザーが増えている」と強調。政府は今夏、児童扶養手当を受給するひとり親世帯に第1子5万円、第2子以降は1人当たり3万円を支給した。今回の提言では予備費を活用し年内に再支給するよう要請している。

 このほか、仕事を失った人がデジタル技能を学べるようにしてIT企業などに再就職できるようにすることも求めた。