料亭・濱乃家、クラファンで支援求める 「川反の灯守りたい」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市の繁華街・川反に店を構える濱乃家
秋田市の繁華街・川反に店を構える濱乃家

 秋田市大町の料亭「濱乃家」(竹島知憲社長)は、老舗料亭の味を知ってもらおうと、クラウドファンディング(CF)に取り組んでいる。募集は1口5千円からで、目標は200万円に設定。支援者には額に応じ、きりたんぽ鍋やいぶり漬けを自宅に届けるほか、秋田舞妓(まいこ)との宴席に招待する。30日まで。

 濱乃家は10月に創業102周年を迎えた。秋田市の繁華街「川反」で長年にわたって営業を続けてきたが、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、4月21日から9月20日まで休業し、売り上げが激減。CFによる支援額は運営資金に役立てる。

CFは、北都銀行の業務提携先であるCAMPFIRE(キャンプファイヤー、東京)のサイトを使う。問い合わせは北都銀営業推進部地方創生室TEL018・837・1701(平日午前9時~午後5時)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 487 文字 / 残り 132 文字)

同じジャンルのニュース