時代を語る・加藤正人(20)馬券的中、成功の予感

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
能代で開かれた菊島隆三賞祝賀会
能代で開かれた菊島隆三賞祝賀会

 縁起のいい旅館で脚本を書いたらギリシャの国際映画祭で最高賞に選ばれたので、その後も何かと験を担ぐ癖が付いてしまいました。平成13(2001)年公開の「女学生の友」もそうでした。孤独な老人と女子高生の切ない友情を描いた作品でした。芥川賞作家の柳美里さんの同名小説を篠原哲雄監督がハイビジョンドラマ化したんです。

 最初の打ち合わせがあったのは、忘れもしない、春の天皇賞があった日でした。その帰りに場外馬券場に寄って、本命狙いで1万円分の馬券を購入。そしたら当たったんですよ。配当は3倍ちょっと。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 770 文字 / 残り 524 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース