能代科学技術高、校章決まる 中心には「NST」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県教委が発表した能代科学技術高の校章
県教委が発表した能代科学技術高の校章

 秋田県教育委員会は24日、能代工業高校と能代西高校が統合して来年4月に開校する「能代科学技術高校」の校章を発表した。学校名の英語表記の頭文字「NST」を中心に据え、新時代を担う学校をイメージした。

 黄色の2本の線で囲まれた外輪は、2校の統合と融合を表現した。千葉県在住の土居聖(きよし)さんが原案を作り、秋田県芸術文化協会と県デザイン協会で顧問を務める青木隆吉さんが補作した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 470 文字 / 残り 281 文字)

秋田の最新ニュース