大仙市循環バス、新ルート設け実証運行、利便性向上へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大仙市の大曲中心部で運行されている循環バス
大仙市の大曲中心部で運行されている循環バス

 秋田県大仙市は大曲地域中心部で運行している循環バスの利便性を高めるため、これまでルートがなかったJR大曲駅の東側にも停留所を設けて実証運行している。住民から意見を聞いた上で、来年度に本格運行する。

 循環バスは大曲駅西口近くの大曲バスターミナルを発着点に、病院や市役所、デイサービスなど西口側の主要施設を巡る。時計回りの「はなちゃんルート」とその逆の「つつどんルート」を1日各5便運行し、運賃は一律200円。市が運営し、羽後交通が運行している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 722 文字 / 残り 500 文字)

秋田の最新ニュース