TDK、初戦敗退 日本新薬にあと一歩及ばず、都市対抗野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本新薬に敗れ、引き揚げるTDKナイン=東京ドーム
日本新薬に敗れ、引き揚げるTDKナイン=東京ドーム

 都市対抗野球大会第4日は25日、東京ドームで1回戦3試合を行った。7年ぶり15度目の出場となった東北第1代表のTDK(秋田県にかほ市)は7年連続37度目出場の近畿第4代表、日本新薬(京都市)と対戦。六回に本塁打で2点を先行され、七回に1点を返したが及ばず、1―2で惜敗した。

▽1回戦
日本新薬(京都市)
000002000|2
000000100|1
TDK

得点圏に走者も、あと一歩及ばず


 TDKは2点を追う七回、2死一塁から北畠の右越え三塁打で1点を返した。八回は1死二塁、九回も2死二塁と得点圏に走者を進めたが、あと一歩及ばなかった。三、四回の先制機を逃したのが響いた。

 先発の鈴木は150キロを超える直球を主体に五回まで無失点の力投。だが六回1死から内野安打の後、左中間に先制の2点本塁打を浴びた。

 日本新薬は3投手の継投で要所を締め、逃げ切った。

同じジャンルのニュース