「いまだに絵を手本に…」 本県出身の漫画家からも惜しむ声

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漫画家高橋よしひろさん(中央)の画業45周年を共に祝う矢口さん(左)=2016年10月、東成瀬村
漫画家高橋よしひろさん(中央)の画業45周年を共に祝う矢口さん(左)=2016年10月、東成瀬村

 矢口高雄さんの訃報に秋田県出身の漫画家も肩を落とした。「銀牙」シリーズで知られる高橋よしひろさん(67)=東成瀬村出身=は「偉大な先輩を失った」と惜しんだ。

 矢口さんが名誉館長を務める横手市増田まんが美術館のイベントで一緒になることが多く、「互いに率直に物を言う性格だけど、悪い関係にはならなかった。同郷の仲間意識があった」と振り返った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 678 文字 / 残り 508 文字)

秋田の最新ニュース