元横綱大鵬の孫、新十両昇進 20歳王鵬、念願の関取

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新十両に昇進し、オンラインで記者会見した王鵬=25日午前、東京都江東区の大嶽部屋(日本相撲協会提供)
新十両に昇進し、オンラインで記者会見した王鵬=25日午前、東京都江東区の大嶽部屋(日本相撲協会提供)

 大相撲で史上2位の32度の優勝を誇る元横綱大鵬(故人)の孫、納谷改め王鵬(20)=本名納谷幸之介、東京都出身、大嶽部屋=の新十両昇進が25日、東京都墨田区の両国国技館で開かれた初場所(来年1月10日初日・国技館)番付編成会議で決まった。

 王鵬は東京都江東区の大嶽部屋からオンラインで記者会見し「良かった。(しこ名に)祖父の鵬の字をいただいて、すごくうれしい。格好いい。見合った人間になれるように頑張りたい」と意気込んだ。

 191センチ、170キロで大器の王鵬は強豪の埼玉栄高相撲部で活躍し、2018年初場所の初土俵から大きな注目を集めた。父は元関脇貴闘力。