救急車が現場通過、到着5分遅れる 容体に影響なし、能代市

会員向け記事
お気に入りに登録

 能代山本広域消防本部は25日、二ツ井消防署の救急車が秋田県能代市二ツ井町田代の70代男性を搬送する際、現場への到着が約5分遅れたと発表した。男性は市内の病院に運ばれたが、命に別条はなかった。搬送先の医師によると、遅れによる容体への影響はなかったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 300 文字 / 残り 173 文字)