県内初の飲食店クラスター コロナ、他県では大規模感染も

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
飲食店が並ぶ秋田市の繁華街・川反
飲食店が並ぶ秋田市の繁華街・川反

 新型コロナウイルスの感染者が全国的に増える中、秋田市で25日、飲食店に絡んだクラスター(感染者集団)が県内で初めて確認された。他県では飲食店を起点とする大規模なクラスターが起き、病院での2次クラスターにつながったケースもある。県と秋田市は、飲食店と利用客に感染防止の徹底を訴える。

 クラスターが確認された秋田市大町のキャバクラは繁華街・川反のビルに入居する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 578 文字)