社説:桜を見る会 安倍氏、説明責任果たせ

お気に入りに登録

 安倍晋三前首相主催「桜を見る会」の前日に安倍氏の後援会が開いた夕食会の費用の不足分を、安倍氏側が補填(ほてん)していたことが明らかになった。東京地検特捜部は安倍氏の公設第1秘書を任意聴取するなどして立件の可否を検討している。

 安倍氏はこれまで補填の事実を否定してきた。事実と異なる答弁を国会で繰り返した責任は極めて重大であり、自ら説明責任を果たさなければならない。

 夕食会費用の補填は、有権者への金品提供を禁じる公選法違反(寄付行為)に当たる恐れがある。夕食会の収支は政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反の可能性もある。

 安倍氏が首相在任中に主催したのは2013~19年の桜を見る会。19年には地元・山口の支援者ら約800人が参加した。このため安倍氏が多数の支援者を招き、公的行事を「私物化」していたのではないかと、国会などで批判が高まった。

 夕食会は15~19年の5年間に都内の二つの高級ホテルが会場となった。参加者の会費は1人5千円。野党は「安過ぎる」などとして、安倍氏側による補填の可能性を指摘していた。

 安倍氏周辺によると、5年間のホテルへの支払い総額は2千万円を超え、毎回約100万~250万円が不足した。安倍氏の資金管理団体「晋和会」が計900万円超を補填したとみられる。

 夕食会の問題発覚後の19年末、安倍氏が事務所に確認した際に秘書は「会費以外の支出はない」と回答した。この秘書は政治資金収支報告書に記載していなかったため、事実と異なる説明をしたという。

 関係者の言葉通りなら、安倍氏は補填の事実を知らずに発言していたことになるが、にわかには信じ難い。安倍氏は国会で、ホテル側から見積書や領収書などの発行はなかったと答弁していた。しかし、実際には安倍氏側がホテルの領収書を廃棄した疑いも浮上している。これまでの説明は説得力に欠けると言わざるを得ない。

 桜を見る会に安倍氏の支援者が多数招かれた問題は、内閣府が招待者名簿を廃棄したため全容解明には至っていない。森友、加計問題でも安倍氏は説明責任を果たすことを避けてきた。今回は国会答弁の内容が事実と異なることが明らかになった以上、うやむやにすることなく説明を尽くす必要がある。

 菅義偉首相は前政権の官房長官として安倍氏に対する疑惑の否定に努めた。首相就任後は、来年以降の桜を見る会を中止すると表明する一方、桜を見る会の再調査には消極的な姿勢を示してきた。菅氏の責任も問われることになるだろう。

 菅氏は安倍氏の国会招致を事実上拒否した。検察の捜査を待つまでもなく、国会で安倍氏が説明する場を設けるよう、首相自ら取り組むべきだ。

秋田の最新ニュース