「矢口さん、ゆっくり休んで」 増田の親友らが死惜しむ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 漫画家・矢口高雄さんの訃報を受け、地元・秋田県横手市増田町の同級生や関係者からは残念がる声が上がった。

 西成瀬中学校(現在の増田中)と増田高校時代を共に過ごした大類寿さん(81)=横手市増田町荻袋=は、矢口さんの活躍を紹介する新聞記事のコピーを手に、当時を振り返る。

矢口さんについての資料を振り返る大類さん


 「クラスでもリーダーシップを取るような積極的な人だった。誰とでも気さくに話ができる活発な印象だった」と話す。成績優秀だったが、ノートの余白には鉄腕アトムのイラストを描き込むことも。そんな矢口さんの様子を大類さんは頻繁に見掛けたといい、「いやあ、上手だね」と声を掛けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1046 文字 / 残り 777 文字)

秋田の最新ニュース