TDK初戦、スタンドから拍手盛大 地元では5カ所でPV

会員向け記事
お気に入りに登録

 東京ドームで25日に行われた都市対抗野球大会第4日、1回戦で散ったTDK(にかほ市)だったが、スタンドからは日本新薬(京都市)と1―2の好試合を演じた選手をたたえる声が聞かれた。新型コロナウイルスの感染防止のため、声を出したり、立ち上がったりしての応援は禁止。大会名物の応援合戦もなかったが、観客は盛んな拍手や手拍子でチームの背中を押した。

「地元選手の活躍うれしい」

 TDKの応援に駆け付けた観客が陣取った一塁側内野スタンド。県民に加え、県外出身選手の家族や首都圏近郊のTDK社員らが並んだ。青地に白い社名をあしらったタオルが配られ、心を一つにして戦況を見守った。にかほ市から訪れた齋藤弘子さん(66)は「応援合戦が見たかった。声は出せないが、拍手とタオルで後押ししたい」と話した。

スタンドから拍手などでTDKを応援する観客

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1056 文字 / 残り 714 文字)

同じジャンルのニュース