「情熱、もう一度県政へ」 佐竹知事、4選出馬を正式表明

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県議会本会議で来春知事選への出馬を表明する佐竹知事
県議会本会議で来春知事選への出馬を表明する佐竹知事

 佐竹敬久知事(73)は26日の12月県議会本会議で、来年4月19日の任期満了に伴う秋田県知事選に4選を目指して立候補することを正式表明した。「次の世代に可能性に満ちた秋田を引き継ぐため、私の気力、体力、古里秋田を思う情熱をもう一度県政にささげたい」と述べた。知事選への出馬表明は佐竹氏が初めて。

 佐竹氏は県職員、秋田市長約8年、知事約12年の歩みを「地方自治行政に身を置いて半世紀50年。大きな区切りを迎えた」と振り返り、「そろそろ身を引く時期ではないかと思う気持ちがあることは事実」と明かした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 699 文字 / 残り 450 文字)