村上隆さん、新作彫刻を公開 コロナ禍の世界に希望を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京都港区の六本木ヒルズで公開された、アーティスト村上隆さん(左)の新作の彫刻「お花の親子」=26日午後
東京都港区の六本木ヒルズで公開された、アーティスト村上隆さん(左)の新作の彫刻「お花の親子」=26日午後

 世界的なアーティスト村上隆さんの新作の彫刻「お花の親子」が26日、東京・六本木ヒルズで公開された。新型コロナの感染が拡大する世界に元気や希望を届けようと設置された。

 新作彫刻は、村上さんのモチーフとして知られる花形の顔を持つ親子が手をつないでいる高さ約10mの像で、親子とも全身が金箔で覆われている。

 村上さんは、コロナ禍で展覧会が延期されるなど仕事が激減し、会社の運営に苦悩していたが、再び前を向いて歩きだしたと経緯を説明。「アーティストは、人々の、感情の起伏の頂点をつくらなくてはいけない」と話し、子どもにも楽しんでもらうことを想定して制作したと明かした。