男性消防士長を減給処分、鹿角広域消防本部 傷害罪で罰金刑

会員向け記事
お気に入りに登録

 鹿角広域行政組合消防本部(秋田県鹿角市)は26日、家族に暴行を加え骨折させ、傷害罪で罰金50万円の略式命令を受けた30代の男性消防士長を減給10分の1、6カ月の懲戒処分とした。管理監督責任を問い、消防長と上司の副主幹も減給10分の1、1カ月の懲戒処分とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 293 文字 / 残り 163 文字)

秋田の最新ニュース