三種町が子育て交流施設整備へ、旧山本総合支所改修し活用

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県三種町は26日、同町豊岡金田の山本農村環境改善センターを改修し、2022年度に子育て交流施設としてオープンする方針を明らかにした。保育士と保健師が常駐し子育てに関する相談への対応や乳児健診を実施するほか、子どもの遊び場も設ける。同日の町議会全員協議会で報告した。

 センターは町が08年度から昨年度まで山本総合支所として使っていた建物。支所と山本公民館を一体的に新築した施設が今春にオープンしたことから、子育て支援と親子の交流の場としてセンターを活用する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 468 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース