地方点描:鳥海山腹のブナ[本荘支局にかほ市駐在]

会員向け記事
お気に入りに登録

 にかほ市内から鳥海山(2236メートル)を見上げると、頂上付近はすっかり白くなり、冬の訪れを告げている。中腹へ目を移すと、紅葉が広がる中に緑色の葉が密集しているのが目につく。昭和中期ごろに植えられたスギの林だ。

 山に自生していたブナは建築材や燃料として伐採され、当時木材として利用価値の高かったスギに植え替えられた。スギの価格はその後下落し、伐採されないまま残っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 612 文字 / 残り 426 文字)

秋田の最新ニュース