「大声の会話、カラオケ避けて」 クラスター受け佐竹知事

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 秋田県議会の第2回定例会12月議会が26日始まった。佐竹敬久知事は本会議の知事説明で、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が秋田市の飲食店で発生したことに触れ「宴会での大声の会話やカラオケは避けるなど、感染防止対策を徹底してほしい」と述べた。年末年始の帰省や旅行についても注意するよう呼び掛けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 499 文字 / 残り 343 文字)

同じジャンルのニュース