BB秋田前山が現役引退発表 最古参、2010年から在籍

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
現役引退を発表した前山。22日、秋田市のソユースタジアムで行われたJ3優勝報告セレモニーで、トロフィーを手に笑顔を見せた
現役引退を発表した前山。22日、秋田市のソユースタジアムで行われたJ3優勝報告セレモニーで、トロフィーを手に笑顔を見せた

 サッカーJ3ブラウブリッツ秋田は27日、MF前山恭平(32)の今季限りでの現役引退を発表した。チーム初年の2010年から在籍する唯一の選手で、象徴的な存在だった最古参がピッチを去る。

 前山は佐賀県出身。福岡大を経て、TDKサッカー部からクラブチーム化したばかりの当時JFL(日本フットボールリーグ)の秋田に加入。163センチと小柄ながら、精度の高いキックやスピードを武器に中心選手として活躍。17年には30試合に出場し、7得点を挙げて初優勝に貢献した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 248 文字)

同じジャンルのニュース